モルフってなに?爬虫類の品種について

モルフってなに?爬虫類の品種について

モルフ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

爬虫類は同じ種類でも個体によって体色や柄、模様が全然違います。モルフとは、この中でその体色、模様の表現が確立された品種の事をいいます。

このモルフは人の手によって品種改良が繰り返されて出来上がったもので、野生個体の中で特徴的な柄を持った個体同士を掛け合わせたり、異なるモルフを掛け合わせることで全く新しい体色、模様を出すなどでモルフは作られていきます。

例としてレオパには「タンジェリン」といわれるモルフがおり、ノーマル個体と比べて地色がオレンジ色に変化しています。
こちらは「ハイイエロー」とよばれるモルフ(ノーマル個体よりも黄色みが強い)の中で、尾付近にオレンジ色が見られる個体同士を交配していき、オレンジの部分を増やしていく事で生み出されたモルフです。

モルフはそれぞれ個体に対して
レオパードゲッコー“ハイイエロー
レオパードゲッコー“タンジェリン
レオパードゲッコー“マックスノー

という風に表現され、同じレオパードゲッコーの中でもモルフによってその個性は大きく違い、野生化の個体ではほとんど見られない色彩や柄を持っています。

モルフの魅力

前述したタンジェリンなどはオレンジみの強い個体を掛け合わせて固定させた個体ですが、モルフには掛け合わせで全く違う体色や模様になるものもいます。

例えばボールパイソンを例にあげると、モハベやレッサーと呼ばれるモルフが存在します。
どちらも原種よりも明度が落ちたような色をしているモルフですが、このモルフ同士を掛け合わせると驚く事に全身が白いボールパイソンが産まれます。

逆に「シナモン」と呼ばれる原種よりも濃い色味を持ったモルフ同士を組み合わせると、今度は体全体が黒いボールパイソンが産まれます。

このように、組み合わせによってさまざまな色や柄が産まれる事がモルフの魅力でもあります。

まとめ

モルフとは、
体色、模様の表現が確立された品種

の事でした。
ざっくりと考えるとチェックやドット、トライバルやボーダーといった柄の種類に似たものだと思っていただいてもよいかもしれません。

ショップに見に行くと多種多様なモルフが販売されていますので、気になる柄の子がいないか、一度色々と見てみると楽しいでしょう。

基礎知識カテゴリの最新記事