ボールパイソンの代表的なモルフとその特徴まとめ

ボールパイソンの代表的なモルフとその特徴まとめ

この記事ではボールパイソンの代表的なモルフをご紹介します。

ボールパイソンを飼ってみたい!と思い調べ出した時に、最初に悩むのがどんなモルフがいるのか、という点ではないでしょうか。

モルフの紹介とともに、その特徴についても簡単に解説していますので、購入前の参考にしていただければと思います。

ノーマル

特徴

ボールパイソンのもっとも基本的な見た目です。
FHやWC個体は基本的にノーマルと呼ばれ、濃い褐色に茶褐色の模様が入ります。

ノーマルとはいえ野趣に富んだ模様で、何だかんだでノーマルが好きという方も結構いらっしゃいます。

パステル

特徴

モルフの中でも初期に作成されたモルフで、ノーマルに比べ全体的に黄色味が強く明るい発色をしています。

ただし成長にともないブラウンアウトしていくので大きくなると鮮やかさは落ち着いてしまいます。

何と掛け合わせても相手モルフの色味を綺麗に出してくれるので、交配相手として非常によく利用されるモルフです。

Sパステル

パステル同士の交配で産まれるスーパー体で、パステルの特徴である黄色く明るい発色がより際立つようになります。

スパイダー

特徴

ノーマルの茶色く表現されている基調色部分が広がることで黒いラインが細くなり、蜘蛛の巣のように見えるのが特徴です。

また体側面は白くドット抜けのようになり、目の色が青くなるのも特徴です。

優秀なカラー&パターンミューテーションでコンボモルフを作る際に重宝されますが、遺伝子状程度の差はあれ神経障害を持っており、スターゲイジング(仰ぎ見)、首振りなどの行動をとる事があります。

とはいえ成長に影響するものではなく、食欲も旺盛で大きくなる個体も多い印象です。

モハべ

特徴

色のコントラストがハッキリとしており、体色の明るい部分は白く抜け、基調色(暗い部分)は黒〜濃いグレーになります。

また成長にともない基調色が薄くなるにつれ腹部〜体側面が白化します。

どこか金属感のある光沢が出るので、好きな方にとっては非常に魅力的なモルフだと思います。

BEL(Blue Eyed Leucistic)コンプレックスの1つで、モハべを親として交配すると、相手モルフの形質を際立たせたり大きく変化させる特性があるため、コンボモルフに使われる事も多いのが特徴です。

Sモハべ

モハべ同士の交配で産まれるスーパー体で、全身が真っ白になり、頭部にだけ薄い紫がかった色味が残ります。

スーパーモハべに限らずですが、BELコンプレックス同士の交配で産まれるモルフは体が白く、目が青くなるのが特徴です。

シナモン

特徴

名前の通り、茶色が濃く出たモルフです。
エイトボールコンプレックスの1つで、掛け合わせによって模様や体色が大きく変化します。

Sシナモン(エイトボール)

シナモン同士の交配で産まれるスーパー体で、全身が真っ黒になります。

アルビノ

特徴

モルフの中で最初に固定されたのがこのアルビノです。
自然界でも稀に発生しますので聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

アルビノが白くなるのはBELなど白化個体と違い、先天的に黒い色素であるメラニンを持たない為に起こるものです。

その為に基調色は白くなり模様部分は薄黄色〜黄色く表現されます。
また特徴的な赤い目をしており、こちらもメラニン色素がない事で目の奥の血管が透けて見えることから起こります。

アザンティック

特徴

アルビノがメラニン色素(黒い色素)を持たないのに対し、アザンティックは黄色い色素を持っていない個体です。

その為基調色が黒、模様が白〜灰色とモノトーン気味になります。

ただし成長につれブラウンアウトを起こしますので、単一モルフでは徐々に茶色味が出てきます。

パイボールド

特徴

非常に特徴的な見た目をしているので、見た瞬間にパイボールドだと言うのがわかりますね。

元の模様が部分的に白化し、交互になって現れるのが特徴です。
交互とはいえ個体によって白化する面積は大きく違い、表現パターンが全く異なるものになるので見ていて飽きることのないモルフです。

ゴースト(ハイポ)

特徴

ゴーストはハイポ(ハイポメラニスティック)とも言われ、黒色の発色が抑制されたモルフです。

全体的に色の明度が抑えられ、くすんだような印象になります。

同じゴーストと呼ばれるモルフでも系統が異なるものが存在し、互換性のないものもいますので交配を進める際は注意が必要です。

クラウン

特徴

背中に一本の乱れたラインが入るのと、そこから流れ落ちるように現れる模様が特徴で、中でも人気の高いモルフだと思います。

頭頂部に入る模様とアイラインも特徴の1つです。

名前の由来は王冠の意味でのクラウン、ではなく「ピエロ」という意味のクラウンです。

目の下の模様がピエロのようだということでモルフ名となっています。

ピンストライプ

特徴

背中に走る2本のライン(ストライプ)が特徴で、深い黄色味が出る個体が多いです。

スパイダー同様パターンミューテーションとして優秀で、掛け合わせを考えるのが楽しいモルフです。

レッサー

特徴

BELコンプレックスの1つで、同コンプレックスの掛け合わせで白化したスーパー体が産まれます。

レッサー(劣る)という不名誉な名前がついていますが、何かが劣るというわけでもなく、交配に用いることで相手モルフの色味を抜く作用があるので持っていて損はない個体です。

ファイア

特徴

ノーマルに比べて体色が全体的に明るいのが特徴です。

ファイアはブラックアイリューシスティックコンプレックスの1つで、ファイア同士やを掛け合わせると白化した個体になります。

ブラックアイリューシスティックはその名の通り目が黒い白化個体です。

ただしモハべやレッサーといったBELコンプレックス組は掛け合わせによってほとんど白化するのに対し、ブラックアイリューシスティックコンプレックス組は完全に白化せず交配相手の形質を引き継いで薄黄色の模様が浮かぶものがいます。

ファイアを交配に使うことで相手モルフの色味を明るくする作用があり、ブラウンアウトを起こすパステルなどと組み合わせると、成長しても綺麗な黄色の発色を保つ「ファイアパステル」などのコンボモルフが作れます。

バナナボール

特徴

通称バナナ。
ラベンダーアルビノのような劣性コンボと同じような表現を単一のモルフで実現しているという事で話題になりました。

劣性コンボとの違いは成長とともに現れる黒点(シュガースポット)があるところですが、まさに「バナナ」らしく個性的な表現を見せてくれます。

共優勢の性質を持つため、コンボモルフにした時に特徴を受け継ぎやすいのですが、バナナ自体の色味が強いので少し判別が難しくなります。

パターンミューテーションと掛け合わせる事でバナナの模様の乱れを楽しむことができるので交配にもよく用いられます。

エンチ

特徴

ノーマルの模様部分をよく見ると輪郭と目がある顔のように見えるのですが、エンチではこの目玉に当たる部分が消失します。

また色味にも特徴があり、背中には金属光沢のような黄色が入り、腹部はオレンジに色づきます。

交配に使うと色味にも模様にも大きく作用するので、表現豊かなコンボモルフを取ることができます。

名前の由来はガーナのエンチ村で見つかったからという事で、非常に安直なネーミングですがブリードには欠かせないモルフとなりました。

オレンジドリーム

特徴

全体的にオレンジがかった体色とバンドの乱れが特徴です。

単一のモルフでもオレンジ色が目立ちますがその本領はコンボモルフとした時で、黄色味の強い個体と合わせる事でオレンジが際立ったり、模様を乱れさせたりと面白い効果を発揮します。

カラー&パターンミューテーションとして非常に優秀な為、ブリーダーにとってはまさに夢のようなモルフだという事が名前の由来になっています。

GHI

特徴

黒味の強いモルフで、模様も垂れたように崩れるのが特徴です。

他モルフと比べても圧倒的な黒味と黄〜金に発色する模様のコントラストが美しいのですが、成長につれブラウンアウトが激しく、ノーマルの色味に近づいてしまいます。

ブラウンアウトを抑えられるモルフと掛け合わせる事で黒味を保つ事ができますし、同様に黒系のモルフと掛け合わせる事でより黒を強調した発色をさせることも可能です。

名前の由来は、一番最初にこのモルフを発見したお店の名前がGHIという事で、そのままモルフ名になっています。

まとめ

ショップでよく見かけるモルフや交配時によく使われるモルフをまとめました。

とはいえボールパイソンのモルフは本当に多種多様で、この記事でもほんのさわりのさわり、も触れきれておりません。

コンボモルフも含めるとその数は膨大になりますので、ぜひショップや即売会で色々と見せてもらいながら、その特徴を掴んでいっていただければと思います。

基礎知識カテゴリの最新記事